レッスン04. 英語で難しい事を言おうとしていませんか?

今回は、英会話で特に大事なparaphrase(パラフレーズ)についてお話しようと思います。

paraphraseというのは、

言いたい事が英語で言えなかった時、簡単な言い方に置き換えて言う事」です。

例えば会話中に

「エレベーターが重量オーバーで止まってしまった。」

と英語で言いたい時、「重量オーバー」って英語で言えない!

そんなときに、もっと簡単な言い方になおして

Elevator was stopped because too many people was on it.
「多過ぎる人が乗ったので、エレベーターが止まってしまった。」

と言い変える事が出来ますね。

もっと簡単に言う事も出来ます。

Many people in the elevator! Elevator stopped!
「沢山の人がエレベーターにいて止まった!」

というように、あらゆる表現は、いくらでも簡単な言い方に意訳する事が出来ます。

これが出来るかどうかで、英会話が出来るかどうかも大きく決まってきます。



以前、英会話初心者の方と英語でお話している時、彼は

「毎朝犬が家のまわりを嗅ぎまわっているんです。」

を英語で言おうとしました。

そして、「In the morning, dog is...嗅ぎまわる・・・嗅ぎまわる・・・う〜ん・・・」

と、20秒ほど黙りこんで考え込んでしまいました。

「嗅ぎまわる」という表現はとても英語にしづらい表現です。

恐らく10分考えても、出てこないくらい難しいです。
(英語で「嗅ぎまわる」は"sniffing around")

これをもっと簡単に「うろうろする」「歩く」と言い換えれば、

In the morning, dog is walking near my house.

と言う事も出来ます。

でも彼は、わざわざ「嗅ぎまわる」という難しい表現をなんとか英語で言おうとしたのだと思います。

彼に限らず、英会話を初めて多くの方がつまづくのが、

「最初に思い浮かんだ日本語を無理やり英訳しようとする」

点にあります。




英語で話していると、どんなプロの方でも「英語で言えない事」の壁に何度もぶつかっています。

でも、その度にもっと簡単に言い変えて表現しているのですね。

実は、中学レベルの単語でかなりの日常表現を簡略化して言いかえる事が出来ます

「車は走る凶器にもなる」

「走る凶器」を英語で言えない…それなら

"Car can be very dangerous."
"Car is dangerous."

のように、「車は危ない」に置き換えて言っても良いんです。



「最新技術に触れる事は良い事だと思う。」

「最新技術」ってどう言えば良いんだろう…それなら

"I think using best machines is good."
「最高の機械を使うのは良い事だと思う」

本当に簡単に言うなら

"Let's use best machines. It's very good!"
「最高の機械を使いましょう。とても良いですよ!」

とか、

"I like good machines!"
「良い機械は大好きです」

のように、best machines(ベストマシーン)やgood machinesに置き換えて言う事も出来るのですね。



英会話力というのは、「英語に訳す力」の事ではありません。

学校のテストのように、文章を正確に訳す必要も、難しい単語を知っている力も求められません。

まったく正確な訳ではないけれども、近い意味で、自分の言える範囲で伝える。

文法や単語が違っていてもいい。
相手に伝わりさえすれば勝ち。

これが英会話だと私は思います。